ヒゲ髭と坊主頭の白髪染め

MENU

髭とか坊主頭など毛が短い場合の白髪染め

無精髭で白髪だと老けて見えるので染めた方が良いのですが、ヒゲやボウズ頭など毛の長さが短いと染めるのが難しいのです。頑張って染めても直ぐに白髪が目立ってくるので、シャンプータイプの白髪染めが一番手軽で綺麗に染まります。

 

何時ものシャンプーと変えるだけの白髪染め>>

 

先日、坊主頭に髭面の友人と話をしていて、ヒゲは白髪を染めるのが大変だと知りました。
確かに言われてみれば短くて太い髪を染めるのは難しいですね。私も白髪を染めているので解りますが、もみあげや襟足など短く刈り上げている箇所は、白髪染めが上手く乗らないでムラになったことが何度も有ります。地肌に白髪染めが沢山付いてしまうことも度々でした。

 

  • ヒゲや坊主頭はツンツンしているので白髪染めが乗らない。
  • 地肌に白髪染めが沢山付いてします。
  • 短いので伸びてきた時に白髪を隠せないので、ひんぱんに染め直さなければなりません。
  • 匂いのキツイタイプは鼻の下には塗れない。

 

確かに普通の白髪染めでは難しいですね。
カラーリンスでも染められないことはないと思いますが、特にヒゲは太いので塗る手間を考えるとシャンプータイプが理想だと言えますね。

 

私も色々な白髪染めを試しましたが、現在はシャンプータイプを使っていて男性には最高の白髪染めだと感じます。先ほどの友人にも同じものを勧めましたが、坊主頭もヒゲもシャンプーするだけでムラ無く染まると気に入ってもらえました。

 

私が使っているシャンプータイプの白髪染めはこちら>>

 

何故か髭の方が頭よりも白髪が多いことが多いようで、ヒゲだけ染めたい人も多いとのことですが、これなら両方シャンプーしておけば問題無さそうですね。もちろんヒゲだけ白髪染めシャンプーを使ってもOKでしょう。

 

 

ヒゲは綺麗にしていないと嫌悪感を保たれることも多いので、多すぎる白髪を染めるのももちろんのこと、日頃のお手入れが大切なんでしょうね。無精髭になってしまっている人はしっかり手入れ方法から見直しましょう。

 

 

効果的な髭の手入れについて

 

髭と言えば権威の象徴や威厳ある雰囲気を醸し出すイメージがありますが、最近ではファッション感覚で気軽に髭を伸ばす若者も多いようです。
髭を伸ばすのは簡単ですが、やはり見栄え良くするためには小まめなお手入れをする必要があります。
しっかりとお手入れをしていけば、かっこよさも段違いです。

 

髭の効果的なお手入れ方法としては、まずは髭剃りで伸ばしたくない部分をそり落とすというのが一般的です。
境目がはっきりしている方がよりかっこいいイメージがあるため、全体のバランスを考えながら、伸ばす部分と剃る部分を決めていくことが大切になります。
伸ばした髭のお手入れも大切で、鏡を見ながらハサミなどで長さをそろえてカットするのも重要です。
とにかく一番重要なのは清潔感を出すことで、いわゆる青髭にならないように気を付けていくことも、留意するポイントです。

 

清潔感を高めるためにも自然な感じで白髪を染めると効果がありそうですね。

 

清潔感以外にも、自分の顔に合っている髭スタイルを追求することも大切になります。
人の顔は一人一人違っているため、当然それに似合うスタイルも変わっていくのです。

 

髭には大きく分けて顎鬚と口髭二種類があり、顎髭が他人に与える印象としては、顔の輪郭を変えるという効果です。
そのため、元々の顔の輪郭を補正する効果を意識しながら慎重にカットしていくというのも有効です。

 

口髭は威厳や大人びた印象を与えるのにとても効果的で、顎鬚とのバランスを考慮しながら最適なスタイルを決めていくのが得策です。