白髪と薄毛のダブルパンチ

MENU

自分が白髪と薄毛で悩むオッサンになるとは思わなかった

若い頃から白髪は多少あったので年齢とともに増えることは覚悟していたけど、染めるほど増えるとは思いませんでした。髪の毛も太く量も沢山あったしネコの額の様にオデコも狭かったのがはるか昔の事になってしまいました。

 

嫁は諦めろと言うのですが、中学生の娘が結婚するまでは老けこむ訳には行きません。ですので、出来る範囲で頑張ろうと思います。

 

頑張ると言っても、髪の毛や頭皮に負担が掛からない白髪染めを選ぶとか、シャンプーやトリートメント選びを注意するくらいです。

 

育毛剤も少しだけ手を出したことは有るのですが、値段が高い割に高価が実感できなかったので、しばらくは見送りです。

 

最近の白髪染めは、髪に負担を掛けない物が多く、髪に栄養を与えるトリートメント効果も期待できる製品も見かけます。ビゲンカラーリンスもトリートメント効果が高いようで、髪が傷んでパサツク時に染めるとまとまりが良くなりました。

 

髪質にもよるのだとは思いますが、医薬品の白髪染めよりもリンスやシャンプータイプの方が髪の痛みは少なく感じます。特に薄い色のものはブリーチするので負担が掛かるのかと思います。

 

天然素材系のものは、ゆっくりと染まりますが、髪の毛や頭皮への負担は少なく、逆に髪の毛の状態が良くなる感じがします。

 

シャンプーも少しだけ気を使って、自然素材系の優しい物を選ぶようにしてみました。頭皮の脂が気になるので、しっかり洗える男性用を使ってみたのですが、その場ではスッキリしても翌朝にはべっとりしています。

 

色々と聞いたり調べてみると、洗い過ぎても頭皮を守ろうとしてかえって脂が出るのだそうです。天然素材系で優しく洗う方が頭皮の状態は改善されるのですね。個人差は大きそうですが、シャンプーを変えることで頭皮の状態が変わるのは実感できましたよ。

 

シャンプーも色々と試して自分に合うものを見つけると良いかもしれません。シャンプータイプの白髪染めも試したのですが、私の髪質だと染まりにくくて難しそうでした。柔らかい髪質で長めの髪型なら行けるかも。

 

トリートメントに関しては、自然素材系でリンスタイプの白髪染めを使うと栄養補給になるみたいで、楽ですよ!

 

私が使っているのは「利尻ヘアカラートリートメント」です。

 

シャンプー後にこれで染めるだけでリンスとかトリートメントは使わなくなりました。