男性用白髪染め メンズビゲン・カラーリンス

MENU

40代のオッサンがメンズビゲンを試してみた

 

久しぶりに会った同級生に言われたショックな一言。

 

「お前、白髪が増えたな」

 

若い頃から多少の白髪はあったし、この数年は自分でも増えたと感じていましたが、同級生に言われるとさすがにショックです。老けというか、疲れている感じで実年齢より随分と上に見えるとのこと。

 

白髪が増えた

仕事柄、人に会うことも多いので、疲れた白髪のオジサンより身なりをちゃんとしたオッサンの方が印象も良いに決まっています。その友人も白髪染めしているとのことなので、自分も染めてみることにしました。

 

学生の頃に少しだけ染めたことはあるのですが、白髪を染めるのは初めてです。
自宅にいた頃、母親が自分で染めていましたが、キツイ匂いと長い待ち時間が大変そうだったのを思い出します。美容院で染めても直ぐに生え際とか目立つので自分で染めると言っていました。

 

僕の場合は髪の毛を短めにしているので、2週間程度で染める必要があるようです。そんなに頻繁に美容室とか床屋に行くことはできないので自分で染めることにしました。

 

先ずは手軽に買える市販の白髪染めを使ってみようかと思ったのですが、

  • 匂いがきつく待ち時間が30分とか長い
  • 全体にむら無く塗るのは意外と大変
  • 髪や頭皮に負担がかかるので、あまり頻繁に使えない

 

匂いは我慢できても、髪の毛へのダメージは死活問題です!
それに、染めた翌日に黒々といかにも染めましたっていうのも抵抗があります。

 

更に調べてみると、トリートメントタイプのものがあり、
TV-CMでも見たことがある人気の「メンズビゲン・カラーリンス」まさに求めていた男性用白髪染めがあるではないですか。

 

  • ドラッグストアーやスーパーで売っていて値段が安い
  • シャンプー後に直接手にとって塗るだけ
  • 嫌な匂いもなく塗って5分待って流すだけ

 

メンズビゲン・カラーリンス

実際に使ってみましたが、3日目くらいで白髪が目立たなくなりました。

私の場合には指先にとって目立つ部分を中心に直接塗っているのですが、ムラになることもなく綺麗に染まっています。

 

使う度に少しずつ染まるので、私のように塗り方が多少雑でもムラにならないのでしょうね。いつの間に全体の白髪が目立たなくなるようです。

 

初めは続けて使用し、あとは白髪が目立つようになり始めたら使う感じです。
襟足とか髪がパサつく時にトリーメント代わりに使ったらよかったですよ。

 

ちょっと気になった点としては、3日目くらいでしょうか、指先が黒く染まってきたことです。ホームページにも注意書きが有りましたが、手が染まることがあるようですね。

 

本来は手のひら全体にとって伸ばすところ、僕は指先で気になるところに集中的に塗ったので余計に染まってしまったのだと思います。あと、風呂場のタイルなどに付いた場合も直ぐに洗い流せば大丈夫です。

 

気になる点としては

  • 手が少し黒くなることがある
  • 頭皮や髪への負担が無いか少し心配
  • 週に数回程度は染める必要がある

シャンプーで色落ちしているのか、私の場合は週に2回は染めないと白髪が目立つようになります。

 

理想の白髪染めを求めて

利尻ヘアカラートリートメント

大きな不満があった訳ではないのですが、もっと良い白髪染めが有るのではないかと、色々な白髪染めを試してみました。だいぶ抜け毛も気になる年齢になってきたので、頭皮への負担は少しでも減らそうと天然素材で栄養成分たっぷりの製品を中心に使ってみました。その中で特に仕上がりの違いを実感したのがサスティ/利尻ヘアカラートリートメントです。

 

  • 無添加で髪や頭皮に優しい
  • 髪や頭皮に優しい天然成分がたっぷり入ってます。←これ大事
  • ツヤ感の有る自然な仕上がりで染まりも満足

 

サスティ/利尻ヘアカラートリートメント>>

 

男女兼用の製品で、生え際などもムラになりにくく自然な仕上がりです。私の場合は、こちらの方がしっかり染まる感じで使う間隔も開けられるようです。初回は1,000円引きでお得なのも嬉しいです。

 

>>実際に使ってみた感想はこちら

 

 

白髪染めの種類や選び方

白髪染めにも色々な種類がありますが、スーパーやドラッグストアの店頭やアマゾンや楽天のネット通販など市販で広く売られているものはヘアカラーとなります。

 

ヘアカラー [医薬部外品]

ヘアカラーはキューティクルを開いて中から染めるのでしっかり染まりますし色が落ちくこともありません。ただし、髪の毛や頭皮への負担は掛かるので頻繁に使用することはできません。直ぐにしっかりと染めたい時にだけ使うことをお勧めします。カブレやアレルギーのパッチテストでの確認が必要となります。製品による違いはありますがツンとする匂いやピリピリする刺激が苦手の方も多いようです。

 

カラートリートメント・シャンプー

カラートリートメントやシャンプーは、髪の表面をゆっくりと染めるもので髪や頭皮への負担が少ないのが特徴で、私がお勧めしているのはこのタイプとなります。自然素材の染料を使い、髪や頭皮の栄養成分をたっぷりと含んだ製品が、薄毛やはげが気になるオッサンにも人気です。

 

>>オススメのカラートリートメントはこちら

 

ヘアマニキュア

ヘアマニキュアも表面に色をつける白髪染めですが、一度で染まるのが特徴です。地肌が少し汚れやすいので短髪の場合には注意してください。ヘアカラーで白髪が目立ってきた時に使う女性も多いようです。

 

一時染め・ヘアマスカラ

その日だけ手軽に白髪を隠すもので、シャンプーすると色が落ちてしまいます。

 

美容院や床屋で白髪を染める場合

やはり美容室や床屋でプロに白髪を染めてもらうと髪も痛みませんし綺麗に仕上がります。女性や長めのヘアスタイルで2ヶ月程度持つようですが、生え際や分け目は白髪が目立つようになるので、1ヶ月程度で部分染めやリタッチなどの手入れが必要となります。

 

男性ですと短めの髪型が多いですし、モミアゲや襟足など2週間もすると白髪が目立つようになるので更に短い間隔で手入れが必要になります。白髪の量にもよりますが、白髪ぼかしだと染めたことも解りにくく長持ちしますが、それでも数週間程度で白髪が目立ってきます。間のケアにカラートリートメントで伸びた部分を染める方も多いようです。

 

市販の白髪染めなら風呂場で手軽に

頻繁に美容室や理髪店で染めるのは費用も時間も掛かりますし、頭皮や髪の毛にも負担が掛かってしまうため、途中で市販の白髪染めを併用して自宅で手軽にケアする方法もお勧めです。
この時にしっかり染まるヘアカラーを使うと毛や頭皮に負担が掛かるため頻繁には使えませんので、自然素材系の優しいトリートメントやシャンプータイプの白髪染めを選ぶと安心です。風呂場で日頃のトリートメントやシャンプーに変えて使うだけの手軽さでゆっくりと染まり自然な状態が保てます。

 

トリートメントタイプなら伸びても目立たない

トリートメントタイプの白髪染めは、週に数回シャンプー後のリンスの代わりに使用します。
少しずつ染めているので、生え際も常にゆっくりと染められているので、白髪が伸びて目立つことがありません。

 

常にゆっくりと染めているので、伸びても白髪も目立ちませんから、毛の長さや髪型を選ばずお手軽です。

 

>>お勧めの白髪染めトリートメントはこちら

 

髪質や髪型による違いはあると思いますが、生え際やモミアゲもキレイに染まるので、男性にはトリートメントの白髪染めがいちばん使い勝手が良いと思います。

 

塗るのが苦手、面倒な方は

トリートメントの白髪染めに私は十分に満足なのですが、塗るのが面倒とか、綺麗に塗れないという方もいるようです。
短髪の場合には、ほんとに直ぐに白髪が目立つようになるので、自分でコマ目にケアするしか無いと思うのですが、月に数回染めるのも面倒で、更に楽して白髪染めがするのなら、白髪染めシャンプーしか無いですね。

 

短い髪型なので直ぐに生え際の白髪が目立ってくる、染まるのはゆっくりでいいから楽なのが良いのであれば
シャンプーするだけで白髪が染まるなんて文句の付けようがないでしょう。

 

  • 今までのシャンプーを変えるだけで
  • 塗る手間もなく手が黒くなることもありません
  • ゆっくりと自然に染まるので違和感がありません

 

まさに1番簡単なメンズ白髪染めではないでしょうか!

 

>>使ってみた感想はこちら

 

売っている場所が限られていること染まるのがゆっくりなことがマイナスですが、塗るのが苦手てな方には理想的な白髪染めではないでしょうか。
男女兼用の製品ですが、ブラックは黒過ぎないのがいいです。

 

白髪染めのメンズとレディースの違いは?

ドラッグストアの売り場を見るとメンズとレディースの製品が分けられており、それぞれが専用になっている印象を受けますが、知り合いの美容師に聞いたところ、白髪を染める仕組みに男性と女性で違いはないとのことでした。幾つかの製品でメーカーに確認してみたのですが、基本的には男女兼用で色や香料の違いが主で、選びやすく分けているようです。
自然素材系の白髪染めですと、男女兼用と分かりやすく記載されている物がほとんどでした。

 

>>メンズとレディースの違いをもっと詳しく

 

男性にオススメの白髪染めの色は

自然な仕上がりで周りに染めたことがバレにくいのは、やはりブラックです。白髪の量や毛質にもよるとは思いますが、ある程度染まってくるとアッシュやグレーな感じになるので、染める頻度で調整できます。
利尻カラーシャンプーですと、赤みを感じる明るめの茶色のライトブラウンからブラックまで4色のカラー揃っていますから好みの色合いも選べます。

 

シャンプーやトリートメントの白髪染めは染まらない?

トリートメントタイプの白髪染めは染まらないとの意見があるようですが、しっかりと1回でよく染まる必要があるのであればヘアカラーをお勧めします。ただし、ヘアカラーは髪や頭皮に負担がかかるので頻繁には使えません。頭皮に付かないように充分に注意して塗ってください。
これは染める仕組みが違うので個人差は有るにせよトリートメントの白髪染めは負担を掛けずに徐々にゆっくりと染めるものですから、白髪の量が多く初めて染める場合には特に染まらないと感じることが多いのだと思われます。

 

始めは塗ってから流すまでの時間を長くしたり、染める頻度を細かくすることで早く白髪が目立たなくなります。最初だけ美容院やヘアカラーで染めて白髪が目立ち始める前に白髪染めトリートメント使う方法もあります。シャンプータイプはさらにゆっくりと染まるので、最初だけ染まり方の違いを意識して使い分ければ失敗を防げるのではないでしょうか。

 

>>ヘアカラートリートメントの詳細へ

 

 

使って優しい白髪染めは原料も優しかった

 

最近知ったのですが、白髪染めの使用による「かぶれ」の重症化が増えているのだそうです。
広く市販されている白髪染めの多くはアレルギーの原因となる成分が含まれていて、肌や頭皮に刺激を与えていたのです。

 

ここで紹介してる製品は、染まり方はマイルドですが、とても優しいと感じたものです。
改めて成分を調べてみると髪や頭皮に潤いを与える成分はもちろんのこと、アレルギーの原因と言われる成分が含まれていなかったのです。

 

>>白髪染めによるかぶれに注意

 

更新履歴