ビゲンの男性用白髪染め

MENU

メンズビゲンは色々と種類があるけど、どれを選べばいいの?

男性用の白髪染めで知名度があるのはホーユーのメンズビゲンだと思うのですが、ドラックストア等でも手軽に買えるため実際に使っている人も多いようです。

 

東幹久さんがテレビCMで「白髪なんて染めちゃえ」と言っているやつです。

 

私も何種類か使っていますが、値段も安いしどこでも買えるので、初めて白髪を染めてみようと思う男性にはお勧めですよ。

 

で、実際に駅前のドラックストアとかに行ってみると、メンズビゲンだけでも結構な種類が置いてあり、どれを買えばよいのか迷った覚えがあります。

 

女性用に比べれば種類も少なく、4〜5種類で、色数も少ないのですが、それでもかなりの数になりますので、初めての人はどれを買え良いのか戸惑います。主な製品の特徴を紹介していきますので、自分にあったしら染めを探してみてください。

 

直ぐにしっかりと染めたい方は「ワンプッシュ」

週末に結婚式が有るとか仕事の面接が有るなど、直ぐにしっかりと染めたい方には、「ワンプッシュ」が簡単でスピーディーなのでお勧めです。
メンズビゲンの中で一番人気がある商品だと思います。

 

ブラシにクリームを付けるのですが、2つの薬品が一緒に出てくるので混ぜる手間もいりません。そのままブラシでとかして、白髪が目立つところにはしっかりと塗ります。後は5分間放置してから、シャンプー2回、トリートメントをしてしっかり乾かせば完了です。
ワンプッシュ

 

カラーも5色あるので好みの色を選べます。

 

 

さり気なく目立たなくするなら「カラーリンス」

少し白髪が目立ってきたけど、いきなり真っ黒に染めるのは抵抗がある、いかにも「染めました」は嫌な人には「カラーリンス」がお勧めです。

 

使い方も簡単で、何時ものシャンプーをした後に、「カラーリンス」を塗って5分で流すだけです。段々と染まって数日で白髪が目立たなくなるので、染まり具合の好みに合わせて週に数回使うと調度良いようです。

 

ある程度白髪が目立たなくなったら、「ワンプッシュ」でしっかり染めて、少し伸びてきて白髪が目立ちだしたら「カラーリンス」を使うなど2つを併用するのもお勧めです。
カラーリンス

 

カラーリンスを塗る時に素手で塗ると爪の間とかが黒くなるので、使い捨ての手袋を使用した方が良いようです。

 

>>私の使用レポートはこちら

 

メーカーは異なるのですが、塗ったり放置して待つ必要の無いシャンプータイプの白髪染めもあります。さり気なく白髪を目立たなく出来て、一番簡単な白髪染めと言えそうです。店頭でも売っている商品ではなく通販になりますが、白髪染めでは有名なメーカーの商品です。

 

>>シャンプータイプの詳細

 

 

多い白髪をしっかり染めるなら「スピーディーU」

 

白髪が多くなりかなり目立ってきているのであれば、しっかり染まる「スピーディーU」です。

 

ブラシに2種類のクリームを一緒に出して、全体をとかすだけでムラ無くしっかり染まります。待ち時間も5分の早染めタイプでカラーは3色から選べます。後は洗い流しが無いようにンぬるま湯でしっかりと濯ぎ、シャンプーを2回、リンスします。
スピーディーU

 

初めてだけどしっかり染めるなら「ムースカラー」

白髪が目立ち始めたので、そろそろ染めてみようという方には、塗りやすくとムラになりにくい「ムースカラー」がオススです。

 

ムースの泡を手ぐしで全体に馴染ませるだけで、内側や見え難い後ろ側もしっかりと染まるので、初めて白髪を染める人でも安心です。仕上がりもしっかり染まるので、急いで染めたいときでも大丈夫です。塗った後は10分間放置、あとはぬるま湯でしっかりと流し、シャンプーを2回、あとはリンスをすれば完了です。
ムースカラー

 

 

メンズビゲンの白髪染めを使う時にどのタイプでも共通で気を付けることは、白髪を染める前に、目立たないところでパッチテストを行うことです。パッチテストとは白髪染めの成分で炎症などを起こさないか確認する作業です。

 

医薬品の白髪染めの染まりは良いのですが、頭皮や髪の毛への負担は多少強いのかもしれませんね。必ず影響がないことを確認してから使用してください。

 

天然素材系で頭皮や髪に優しい白髪染めを選びたい方はこちらの商品が良いかもしれません。