男性用白髪染めもかぶれに注意

MENU

手軽に使っている白髪染めでかぶれなど皮膚炎が重症化する恐れ

先日NHKあさイチを見ていたら、白髪染めやヘアカラーによるかぶれを紹介していました。
消費者庁安全調査委員会が注意喚起を行っており白髪染めを使うのであれば男性であっても充分な注意が必要と思われます。

 

一般的に市販されている白髪染めの多くにアレルギーの原因となる化学物質が含まれているとのこと。

 

アレルギーの原因となる成分
代表的なものとして、パラフェニレンジアミン、メタアミノフェノール、パラアミノフェノール、トルエン−2、5−ジアミンなど。(NHKあさイチHPより)

 

男性白髪染めで人気のビゲンヘアカラーの成分を調べてみたところ、しっかりとこれらの成分が記載されていますね。女性用で有名な商品もいくつか確認しましたが、はやりこれらの成分が使われています。

 

酸化染毛剤」として売られている製品では基本的に使われている成分のようです。

 

テレビを見ていて怖いと思ったのは、一度かぶれの症状が出たら

  • 治ればまた使える ×
  • 製品を変えれば大丈夫 ×
  • パッチテストは1度でOK ×

 

製品を変えても同じような白髪染めを使っている限りはアレルギーの原因物質が含まれているから、繰り返し使うことで累積されるし、肌の状態が悪い時に使うと症状が出やすいのですね。

 

では、どうすれば良いのでしょうか?

 

肌に悪影響を与える化学物質が入っていない優しい白髪染めを使うようにすることです。
ヘアマニキュアやカラーリンスと言われる白髪染めなら先ほどの化学物質は含まれません

 

私が使ってみていいなと思った白髪染めは、アレルギーを引き起こす化学物質が含まれていない製品ばかりだったのです。これは、髪や頭皮への負担が少ない白髪染めを選んでいたことが幸いしたのだと思います。

 

>>男性白髪染めの使用レポート
私が普段から使っている男性白髪染めを紹介しているので良かったら参考にしてください。